読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪傑ZORRO

ジャニ 芝居


ZORRO THE MUSICAL
2011年1月13日~2月28日 日生劇場
2011年3月 5日~3月20日 中日劇場
2011年3月24日~3月28日 梅田芸術劇場 メインホール
キャスト
ディエゴ&ゾロ : 坂本昌行 
ルイサ : 大塚ちひろ
ラモン : 石井一孝
イネス(Wキャスト) : 島田歌穂/池田有希子
ガルシア軍曹(Wキャスト) : 芋洗坂係長我善導
アレハンドロ総督&老ジプシー : 上條恒彦
アンサンブル 大野 環/安部三博/大岩主弥/川口竜也/田崎悠人/橋本好弘/林 和哉/土方憲人/青山郁代/SONIA/園山晴子/福田えり/安田貴和子

初めての日生劇場。建物は古いけれど、座席がゆったりで足下も広くてよいね!

基本タモさん派なのでミュージカルはあまり見ていないけれど、今回はマサの東宝舞台初主演!とあっていそいそとチケット申し込みしたところ、なんと7列目どセンター。
丁度よい高さで、フラメンコの足下もじっっくり見ることができて。いやあ、迫力満点。

ええと、お話はとってもわかりやすい感じではあるのだけれど、それはストーリーをあらかじめ予習したからかも。
なぜディエゴは放浪の旅に出たのか?とか、ラモンが独裁者になっていく過程とか
そのあたりが少し入るだけで、二人の対決に色んな想いが加わるんじゃないのかなー。

ルイーサとディエゴの風呂のシーンなどコミカルな部分は、リーダーの良さが出ていてよかったし
姐さん(私の見た回は池田さん)の男気がかっこいい!迫力あるー。

そこらのアイドル女優(失礼)と思っていた大塚ちひろさん、めちゃ歌ウマくてびっくりです。
我らがリーダーも、持てる力を存分に発揮していたのかなと。気持ちよさそうに唄うのがよいですね。
ラモンの歌パートが少ないのは残念でしたが。
そして上條さん、風邪なのでしょうか?お声が出ておらずとっても残念でした。


まあでも、この舞台の醍醐味はなんといっても、フラメンコ。
カーテンコールで出演者皆楽しそうに踊ってるのが印象的。フラメンコのリズム、とりたいなあ。
それにしても細くて身長の高いスペイン人のお方、女性陣にスキンシップが過ぎやしませんかww

チケ代が半額だたら、もう1回見たいっす。