読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズ楽曲大賞2006

http://j-m-a.info/
数日前に投票してみましたああ。悩んだ末こんな結果。担当以外にも良い曲はあるんだけど・・・やはり愛情の量がそもそも違うのでこんな結果だ!

スカパンクでもなくスカロックでもなく、スカポップ。スカをとりいれつつも正当派のアイドル曲に仕上がっているところがスゴイ。飯田建彦 さん作曲では関ジャニの「果テナキ空」でもファンクアレンジ×アイドルメロディーが良いです。

コモリタさんはジャニヲタの気持ちを知り尽くしている作曲家やも。十分に踊れる前奏から出だしのイノッチによる伸びのよいソロ、そしてジャニヲタに必要不可欠な間の手(ちゃん、ちゃ、ちゃ、ふー!ってやつ)の入れられるBメロ、覚えやすいサビと完璧。V6の路線をきちんと踏襲したまさにシングル向きの曲。個人的にはイノッチソロの間、リズムをとっている他のメンバーを見ているのが好きw

とにかくキラキラしているアイドル曲。ワタクシ的にはサクラップの必要性を感じさせてくれた1曲。

「UTAO-UTAO」「Orange」 も作曲したHIKARIさんによる曲。V6のユニゾンを活かしたメロディー構成で、後半にイノッチと坂本くんのソロを挟んだあたりが斬新。だからかもしれないけど、シングルにするにはちと地味ですが。

さすが中島みゆき、というより、これを唄いこなした長瀬に拍手。歌番組で見たオーケストラつきのアレンジが素敵だった!

踊りたいぜええええ!

  • 未音源化:つぼみソング/長野博

これしか知らない。と思ったら嵐の「ファイトソング」もあったな。